おぜき栄子さんはこんな人です
何事にも前向きに物事を考えて行動しているので,私たちにパワーを与えてくれる人です.
医療・福祉にたずさわって22年

 看護婦として22年間、いつも患者さんのことを中心に考え、病院やデイケア室で看護してきました。

 いま、度重なる老人いじめの制度が医療の現場にもちこまれています。高齢者が安心して病気を治そうとしても、実際は大変な時代になっているのではないでしょうか。

 そうした現実に心からの憤りを感じつつ患者さんを守る第一線で奮闘してきた「おぜき」さんに期待します。

群馬中央医療生協・太田協立病院長  周藤 博

働きながら子育ての輪をひろげて

 自らのこどもを育て、父母・保母・地域が一体となって安心してこどもが預けられる保育環境をつくるために力をつくしました。

 今,働く女性が増加し,地域での育児不安が広がるなかで,保育園の果たす役割が重要になってきています.働く女性が安心して子どもを産み,育てられるように,いつでも入園できる保育園の受け入れ体制や保育料の軽減,保育内容の充実が求められています.このような政策を自治体で実現していくためにも,おぜきさんが市政で活躍してくれることを期待します.

ポッポ保育園園長 斉藤 京子

ハイキングの好きなやさしいお母さん


 時には,家族も交えて仲間の人たちとハイキングを楽しむやさしいお母さんです.ダンベル体操やストレッチ体操の会にも参加,体を動かすのが大好きな人です.
行動力のある人
 87年に,乳幼児医療費が一部有料化されたときは地域のお母さんたちとともに妊産婦・乳幼児医療費無料化の署名を集めて市に提出.現在の無料化実現のきっかけをつくりました.また,96年には次女の小学校入学を期に,こどもたちが放課後安心して遊べるように,地域の人たちと学童クラブをつくりました.

  

 昨秋,老母が腰痛で寝たきりの状態になったとき,栄子さんは私の素人考えの看護を「それでいいよ」と認めたうえで,専門の知識を付け加え,痛さで気力をなくした母を手足の丈夫さで自信を持たせ自立の方向へ導いてくれました.それは,有能で限りなくやさしい看護のプロとしての栄子さんのもう一つの姿です.心から応援します.

南大町  岡田 千歳

おぜき栄子さんのプロフィール

・1953年 足利市永楽町生まれ
・県立足利商業高等学校 卒業
・水戸赤十字病院 勤務(1974〜1990)
・太田協立病院 勤務 (1993〜現在)
・新日本婦人の会栃木県本部委員
・栃木保健医療生協足利支部事務局長
・ポッポ保育園理事
・党足利市委員会くらし福祉対策委員長 
・住所:足利市南大町在住 夫と一男二女
・趣味:映画鑑賞,ジョギング,ハイキング
・足利市市議会議員(1999年)

おぜき栄子の広場
サイトマップ・更新履歴

編集責任者および著作権:日本共産党足利市委員会
事務所:足利市田中町789 石川第3ビル,3階
電話,ファックス番号:0284-72-7848
編集局:

editorial office and copyright:the J.C.P.Ashikaga Committee
Office: 789 Tanaka, Ashikaga, Tochigi,Japan
phone & fax 0284-72-7848

現在の閲覧者数